幼いころの皇太子さま、秋篠宮さまの個性

幼いころの皇太子さま、秋篠宮さまの個性

天皇皇后両陛下はおふたりのお子さまの個性を大切に
皇太子さまと秋篠宮さまを拝見していると私達も感じますように、天皇皇后両陛下は、おふたりそれぞれの個性を大切にお育てになられました。

お子様が小さいころからいろいろなものに興味を持つ機会を多く作られ、皇太子さまは音楽にご興味があり初等科1年生からバイオリンをされ、秋篠宮さまは動物がお好きで特にヘビ、カメ、トカゲなどにご興味がおありになったということです。


やんちゃでいらした秋篠宮さま
ご夫妻でオリンピックにに出場されたという長久保ご夫妻は、皇太子さまと秋篠宮さまがお子様のころスケートの指導をされていましたが、その時のおふたりの個性がとてもよくわかる楽しいエピソードがあります。

長久保ご夫妻は次のようにおっしゃっています。

「秋篠宮さまは今はすっかり落ち着かれて立派な秋篠宮家をお作りになって、お子さまに対しても立派なお父さまでいらっしゃるけれど、小学校、中学校のころはとてもやんちゃでいらっしゃいました。

たとえば、練習していて『じゃぁ、10周回りましょう。』というと、浩宮さま(皇太子さま)はきちんと10周回られるのに、秋篠宮さまは、『僕7周!』とおっしゃって、7周で終わられて、『じゃあ、休憩しましょう。』と言うと、一生懸命滑っていらっしゃいました。(笑)」

「秋篠宮さまが幼稚園か小学校1年生のころ、浩宮さま(皇太子さま)は転ぶってことは全くありませんでしたが、秋篠宮さまはちょいちょい転ばれました。その度に『わー!!』と泣かれてたのですが、『手を差し伸べないでください。自分の意思で起きるまで待ってください。泣いていても放っておいてください。』と、美智子さまからのお願いがありました。」

美智子さまは深い愛情と共に、厳しい教育もされてされていらっしゃいました。


天皇陛下のご教育方針
秋篠宮さまがお生まれになったとき、天皇陛下は、おふたりの子育てについて、「私はふたりを、可能な限りわけ隔てしないでいきたい。それまでは上の方を自由に、下のほうを窮屈にとの方針で育てたいと考えています。」とおっしゃっていました。

皇太子は将来、窮屈な立場になるから、できるだけ自由に伸び伸びと育てたい。秋篠宮は次男で将来もっと自由な立場になるのだから、小さいときには厳しく育てたい。というお考えから、秋篠宮さまには厳しくされたということです。

ここで、秋篠宮さまが小学校低学年のころのエピソードをご紹介します。

冬、私がペットにしていたテンジクネズミを池で泳ぐかと思って泳がしました。そうしたら心臓マヒを起こして死んでしまいました。ちょうどその時父がそこを通りかかりました。「何をしているんだ?」と「泳がしたら死んじゃった」と私が言ったのです。そうしたら次の瞬間わたしは池に放り込まれていました。(笑う)ええ、次の瞬間、私がテンジクネズミのようでした。「秋篠宮さま」(江森 敬治 著)より

このように、秋篠宮さまに厳しくされていた天皇陛下ですが、皇太子さまに対しても、戸棚の中に閉じ込めたり、廊下に立たせたり、反省文を書かせたりと厳しくされていたようです。

ご教育熱心だった天皇皇后両陛下
秋篠宮さまが小学校高学年から中学生だったころ、数学の分からない問題を天皇陛下がご一緒に解かれたり、「この問題を解きなさい」「じゃあ、これは」と、随分ご熱心に教えられました。また、美智子さまも必ず図を書きながら算数などを教えられたり、短い詩や和歌、平家物語などもご一緒に読まれていました。意味とか解釈はほとんどせず、ただ読むだけだったので、とても楽しかったと秋篠宮さまはおっしゃっています。

帝王学とは

帝王学とは

帝王学は時代により形が異なり、多岐にわたります。
皇位継承の可能性がある男子が受ける教育で、定まったものがあるわけではなく、時代により形が異なり多岐にわたります。

悠仁さまの場合、帝王学を学ばれた秋篠宮さまの下でお育ちになり、天皇皇后両陛下に時々お会いになるなどして、自然にからだで学んでいかれることが帝王学とも言われていますが、外部講師を招き次のようなことも学ばれるといわれています。

■ 論語を学ぶ 
道徳規範を学び論理的思考養うために、多くの天皇が学ばれたのが論語です。

天皇陛下の好きなお言葉に「忠恕(ちゅうじょ)」があります。これは論語の一説に、「夫子の道(孔子の教え)は忠恕のみ」とあり、自己の良心に忠実で人の心を自分のことのように思いやる精神です。

■ 日本の伝統を学ぶ
皇室は伝統の一番大事な大本であり、古来の和歌、お習字、音楽などを単なる知識としてではなく、心を養うために学ばれます。

■ 歴代天皇のご実績を学ぶ
平安時代、宇多天皇が天皇の心得を書かれた「寛平御遺誠(かんぴょうごゆいかい)」や、鎌倉初期、順徳天皇が宮中の心得を書かれた「禁秘御抄(きんぴみしょう)」など天皇が書かれた書物で学ばれます。

鎌倉末期、花園天皇が皇太子のために書き与えた「誠太子書」について、皇太子様は次のようにおっしゃっています。(1982年 当時 浩宮さま)

「徳を積むことの必要性とそのためには学問をしなければならないということを説いておられ、非常に深い感銘を覚えます。」

また、天皇陛下(1977年 当時 皇太子さま )は天皇の歴史を学ぶことについて「天皇の歴史というものを知ることによって、自分自身の中に皇族はどうあるべきかということが次第に形作られてくるのではないか。」とおっしゃっています。

■ 海外留学
皇太子さまは大学ご卒業後、イギリスのオックスフォード大学に2年間留学されました。その際のことを次のように話されています。

「ヨーロッパの各王室の方々とお会いしてそれぞれの王室の方がそれぞれの環境の中でどのようになさっていらっしゃるかを知ることによって、それも自分のこれからの将来の参考にしたいと思っています。」


悠仁さまは、秋篠宮さまと紀子さまのもとで、眞子さま、佳子さま同様、伸び伸びと、そして個性を大切にされ、お育ちになられるのでしょうね。そして、おふたりと同様に、ご挨拶から学ばれるのでしょうか。おふたりのお姉ちゃま方を見習って、皇族の心得も自然と学ばれていくのでしょうね。41年ぶりの男子のご成長を私達も喜ばしい気持ちで見守って行きたいと思います。 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。