年金

社保庁からどんどんウミがでていますね。
これらはまだ氷山の一角だと思っている国民が多いのではないでしょうか。
これだけ汚職にまみれた時代はあったのだろうか。

社保庁OBら6人を処分 年金流用の裏金問題

厚生年金と国民年金の積立金を市場運用する「年金積立金管理運用独立行政法人」は3日、前身の旧特殊法人「年金資金運用基金」の幹部が私的団体を設立し収益の一部を飲食代に充てていた裏金問題で、幹部職員4人と役員2人を処分した。
 4職員の処分は信用を失墜させたことなどが理由で、管理部長(58)=社会保険庁OB=を停職1カ月、室長(58)を減給10分の1(1カ月)、課長(55)を訓告、課長相当職(59)を注意とした。川瀬隆弘理事長(65)と十菱龍理事(53)は監督不十分としていずれも訓告。管理部長は3日付で退職した。

 問題の団体は「年金福祉研究会」(昨年3月解散)で、年平均600万〜700万円が職員らの飲食代に充てられ、解散後も約200万円が流用された。先の国会で民主党が追及していた。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。