老子

安岡正篤陽明学の大家のように言われてもいますが、私には老荘思想を愛していたような気がしてなりません。

特に老子を大切に扱っていたようです。老子とは。

老子(ろうし、紀元前5世紀頃)は、中国の春秋時代の思想家。姓は李。名は耳とされ、唐の皇帝から宗室の祖と仰がれた。『老子』(またの名を『老子道徳経』)を書いたとされるがその履歴については不明な部分が多く、実在が疑問視されることもある。

『史記』「老子韓非列伝」によると、老子は楚の国の生まれで、姓は李、名は耳、字は聃(タン、伯陽とする説もある)といった。孔子が礼について教えを乞うたことがあったが老子は戒めて「古代の賢人は空言のみ残って骨は朽ちている。君子など時流に乗れなければあちこち転々とするだけだ。そなたの驕気と多欲、もったいぶった様子とかたよった思考を取り去りなさい」と教えたという。孔子はその感想を「鳥や獣や魚など、様々な動物はそれぞれ捕らえる方法がある。しかし竜だけは風雲に乗じて天に昇ってしまうため捕らえようがない。老子もまた竜のような人物だといえようか。」と弟子に語った。

老子は周の王室の書庫の記録官だったが、後年周の衰えを見て立ち去った。このとき老子が通過した関所で、関守の尹喜の頼みを受けて書き残したのが『老子』上下巻5000余字であるという。上下巻の最初の一字「道」と「徳」を取って『道徳経』または『老子道徳経』とも呼ばれる。

また、『史記』では老莱子、太史儋という二人の人物も老子ではないかと記されている。

老子の思想は神秘主義から処世訓まで多岐にわたるが、その原理は万物の根本である道によって表される。 道とは全ての存在を規定する原理であると同時にそれら全てを生み出した母なる存在でもある。道はあまりに広大で漠然としているので定義や解釈を超えているが、人為を廃し自然であることが道に通ずるとされる。このような態度を無為自然といい、老子はこれを処世から統治まで全てに適用すべきだと考えた。(但し、『老子』の本文には無為はあっても無為自然なる語は登場しない。)

『老子』は逆説を多用し、非体系的で随所に矛盾や飛躍が見られるため難解な部分も少なくないが、その深遠な思想は現代に至るまで影響を保ち続けている。

老子が西方(インド)の地で釈迦となり仏教を興したという説(化胡説)は道教が他説に対する優位を主張するための創作と考えられる。しかし仏教の「空」と道家思想の「道」には類似点があるため仏典が漢訳される時道家思想の用語が訳語にあてられたり、道教の教団化にあたって仏教の教団組織が参考されたりするなど、仏教と道家思想は互いに影響しあっている。

老子の思想が道教に発展すると、老子は道教の祖として崇められるようになり、神格化されて唐のころに道教の最高神である三清の一柱、太上老君となった。『史記』に伝えられた老子の姓が李であることから、唐朝帝室の李氏は祖先を老子に求めたので、老子は聖祖大道玄元皇帝とおくり名され、ますます尊崇を受けた。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。