目挑心招 目は心の鏡

安岡正篤名言格言を紹介していますが、今回の安岡正篤の名言は初めて耳にしました。私なりに安岡正篤の本は読んでいたつもりですがね。

今回の安岡正篤の名言はこちらです。

目挑心招(めいどむ こころまねく)
 目で事を成す人


人間の内実を最もよく表すものが目だそうですね。その目に関する言葉で「目成」という言葉があるそうです。

弁舌など弄さずに、目で事を成すものだそうです。「目挑心招」(目でいどむ、心でまねく)とは素敵な言葉ですね。

目に関することわざを調べてみました。

目は口ほどに物を言う
二階から目薬
鬼の目にも涙
目の上のたんこぶ
目から火が出る
目の薬
目の保養
人の気持ちは目に見えないものだから、信じるしかない
白い目
目に見えないもの
大儲けは時代の変わり目にあり
目は言葉を話し、目は言葉を理解できる。
女は目の天国、財布の煉獄(れんごく)、魂の地獄。
成功は、人間の目に神のごとく映る。
恋は全身が目であるが何も見えない。
智は目の如し、百歩の外を見て睫(まつげ)を見る能(あた)わず
危険は勇者の目には太陽のごとく光り輝く。
男は目で恋をし、女は耳で恋に落ちる。
右の目は熱く、左の目は冷たく、心には氷の炎を持て。
妻は目ではなく耳で選べ。
片目が見る、もう片方の目は感じる
目はおのれを信用し、耳は他人を信用する。
目は心の鏡。

意外と目に関する格言やことわざがあるものですね。ほとんどの格言やことわざで目を悪くは言っていないことに気づきました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。