感動が全ての生み親

安岡正篤氏の人間学ブログ作成によって勉強させてもらっています。今日の安岡正篤氏の人間学の名言は

感動 進歩・成長の「生み親」

という言葉です。感動のない人生って本当につまらないですよね。できれば感動を与えるような人間になりたいと考えているほどです。

安岡正篤氏に言わせると

人間には感動が一番尊いことで
無感動な人間ほどつまらないものはない


と言い切っています。感動することから物事が始まり、感動を与えたり、与えられたりしながら成長していくのでしょうね。

感動とは字の通りに心が動くことですよね。日常の些細な行動においても、心が動くから身体が動くのが最高でしょうね。

感動がなく、イヤイヤに仕事をしているようでは結果は決して良いものではなくなってくるでしょう。人間の進歩は、ひたすら物事に向き合って、インスピレーションや感動から始まるのでしょうね。

歴史上の偉大な行動偉大な発明・発見も、さらには悟りも、みんな感動がなければ行われることはなかったことでしょうね。

安岡正篤氏の非常に簡単な言葉の中に奥深い意味が隠されていたことが分かっただけでも、今日は嬉しい日になりました。

このブログも自分自身が感動し、読んでいただいた方に感動が与えられることがあれば幸いです
| 名言

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。